まりまぐ

婚活成功者が教える、結婚相談所で結婚できない人に共通する5つの特徴

結婚相談所で結婚できない方は、「結婚できない原因」を把握して改善するのが大事です。

ただ、そう分かっていても行動できない方が多いですよね。

そこで、この記事では、結婚相談所で結婚できない理由と改善方法についてまとめます。

結婚相談所では結婚できない?

気になるのが、「そもそも結婚相談所って結婚できるの?」ということでしょう。

結婚できなければ入会する意味はありませんし、いくらがんばっても無駄ですよね。

【参考】結婚相談所の成婚率って?

まず、結婚相談所の成婚率を紹介します。

「成婚率No.1」の呼び声高い結婚相談所のパートナーエージェントは、成婚率27.2%です。

つまり、入会した方の約3人~4人に1人が結婚しているということになりますね。

ちなみに、各結婚相談所によって成婚率の算出方法は違います。
結婚相談所を成婚率で比較するのはおすすめできません。

次に、「どのくらいの期間で結婚しているか」を見ていきましょう。

結婚相談所のサンマリエでは、「1年以内の成婚率」は94.4%です。

どういうことかというと、サンマリエで結婚した方は「ほとんどが1年以内で出会っている」ということですね。

逆に言えば、1年で結婚できなければ、

「それまでの婚活方法が間違っていた」

「その結婚相談所が自分に合っていなかった」

ということに他なりません。

「結婚できない」という意見

ここからはSNSに書き込まれた結婚相談所に対する意見を見ていきましょう。

「結婚相談所に行っても結婚できなかった」という方の意見です。

たしかに結婚相談所は事あるごとにお金がかかってしまいます。

入会金や月会費はもちろんのこと、お見合い料が必要なところもありますし、成婚したら「成婚料」も発生します。

これだけ払って結婚できないとなると、自暴自棄になってもおかしくありません。

結婚相談所を婚活アプリと比べて、「金の無駄」と感じる方もいるようです。

婚活アプリは結婚相談所と違って誰でも気軽に登録できるため、会員数が非常に多く、アプローチできる回数も多いです。

一方、結婚相談所は会員数が少ない上に、アプローチできる数も多いとは言えません。

半年過ぎても良い人に出会えなかった、という方もいます。

結婚相談所は多くの方が4ヶ月~5ヶ月で成婚しています。

半年経って出会えなかった場合、他の婚活方法を試してみるのも悪くないでしょう。

結婚相談所より出会いの数が多い婚活アプリについては下の記事で詳しくご紹介しています。

「結婚できた」という意見

次に、結婚相談所で「結婚できた」という意見を紹介します。

結婚相談所は、あくまで「結婚相手を見つける場所」です。

激しい恋愛を求めるところではありません。

漫画やドラマみたいな恋愛を求めるなら、合コンや知り合いに紹介してもらいましょう。

中には、「6年かけて婚活を成功させた」という方も存在します。

この方のように、婚活は諦めなければ素敵な人と出会えるので、希望を捨てないようにしてください。

ただし、「なぜうまくいかないのか」を振り返らないと、時間だけが無駄に過ぎていってしまいますよ。

結婚相談所によって会員の質やサポートが違います。

こちらの方は、IBJでは結婚できなかったものの、オーネットでは理想の相手を見つけられたようです。

「結婚できない」と悩む方は、結婚相談所や婚活スタイルを変えてみるのも大事ですよ。

2回目の結婚相談所を失敗せずに選ぶためにはこちらの記事が参考になります。

結婚相談所で結婚できない人に共通する5つの特徴

次に、結婚相談所で結婚できない人に共通する特徴を紹介します。

自分に当てはまっていないか確認してみてくださいね。

①理想が高すぎる・狭すぎる

理想が高すぎたり狭すぎたりすると、なかなか結婚できません。

もちろん無理をして好きでもない人と結婚するのは良くありませんが、「こういう人でなければ嫌」と理想を高く・狭くしすぎてしまうと、対象が極端に減ってしまいます。

自分の理想にぴたりと当てはまる人と結婚している人なんていませんよ!

たとえ相手が自分の条件から外れていても、「いいな」と思う相手には会ってみたり交際したりすることをおすすめします。

気になっている部分は、結婚後の話し合いで解決できる場合も多いです。

②自己肯定感が低すぎる

自己肯定感とは、「自分の好きなところも嫌いなところも受け入れる力」のことです。

自己肯定感が低いと「これだから私はダメなんだ」と自己嫌悪に陥り、積極的になれません。

まずは婚活よりも「自分を好きになること」が先決です。

③紹介でしか会っていない

お見合いをコンシェルジュさんに任せっきりにしてしまうのも良くありません。

なぜかというと、コンシェルジュさんは会員のことを知り尽くしているわけではないからです。

場合によっては「たしかに条件には当てはまっているけど、どうも好きになれない」という人を紹介されることもあります。

そういった方とのお見合いを断り続けていると、婚活の活動量が減ってしまい、結果としてなかなか結婚できなくなります。

④婚活の優先順位が低い

お見合いが決まっても、仕事が忙しすぎて2回目以降のデートが決まらない場合、なかなか関係が進展しません。

「単純接触効果」という言葉があるように、人は、短期間で何度も会うほうが相手に好印象を抱きやすいのです。

デートとデートの間隔が空いてしまうと、相手から「いまいちだな」と思われる可能性が高くなり、交際自体お断りされかねませんよ。

⑤結婚相談所が自分に合っていない

上でも説明しましたが、結婚相談所によって会員数やサポートが違います。

自分に合っていない結婚相談所を使っていても、効果は現れません。

思い切って別の結婚相談所に乗り換えてみるのも一つの方法ですよ。

この場合、「乗り換えプラン」などがある結婚相談所がおすすめです。

下の記事では結婚相談所を比較して紹介しています。

今の結婚相談所が合わないと感じている方は、もっと自分に合う結婚相談所がないか探してみましょう!

結婚相談所で結婚できない人がやるべき4つの改善ポイント

最後に、結婚相談所で結婚できない人の改善点について解説します。

真剣に「結婚したい!」と考える方は、参考にしてみてくださいね。

①他人の意見を受け入れる

まずは他人の意見を素直に受け入れましょう。

他人の意見を受け入れられると、自分が結婚できない「客観的な事実」を知ることができます。

心理学で「一貫性の原理」と呼ばれるものがあるように、人間は、年を取るにつれて「自分の意思を曲げたくない」と思うようになる生き物です。

「年を取った」と自覚する前に、素直な気持ちで他人のアドバイスを受け入れるのがおすすめですよ!

②「なぜ結婚したいか」を明確にする

結婚できない人は、「なぜ結婚したいか」という本来の目的がブレている場合もあります。

これらの点を明確にすることで相手に求める条件などが整理され、結婚しやすくなりますよ。

  • どういう家庭を築きたいか
  • どういう未来を手に入れたのか
  • 将来に対して何を不安に感じているのか
  • そのためには結婚という手段が最適かどうか
  • 日本仲人協会

できれば紙に書き出して整理してみるのがおすすめです。

コンシェルジュさんがいる場合、一緒に考えてみてくださいね。

③短期集中で婚活に取り組む

仕事が忙しい方は、ある程度セーブするのも悪くありません。

上で説明したように、婚活に割ける時間がないとチャンスを失ってしまう可能性があります。

結婚相談所では多くの方が4~5ヶ月で結婚しています。

半年ほど仕事をセーブして、婚活を最優先にしてみましょう!

④他の婚活方法も並行してみる

他の婚活方法も平行することで、結婚できる可能性が高くなります。

たとえば、こういった婚活方法がおすすめです。

  • 婚活アプリ
  • 婚活パーティー
  • 街コン

婚活スタイルによって出会える会員の質が違うので、思わぬところで出会いが生まれることもありますよ!

特に婚活アプリは、安く・手軽に始められることからよく婚活で並行利用されています。

こちらの記事ではあなたの婚活タイプに合ったアプリを診断することもできるので、自分に合った婚活アプリをまずは見てみましょう!

実際に僕は複数の婚活アプリを併用していましたし、婚活パーティーや街コンなど積極的に参加しました。その結果、3ヶ月で結婚できたのです。

僕の実体験も踏まえた「婚活でやるべきこと」については下の記事でも紹介しています。

結婚相談所で結婚できない人の共通点と解決策

結婚相談所で結婚できない人の原因を解決策をまとめます。

まとめ
  • 条件が高すぎ・狭すぎないか確認
  • 婚活の優先順位が低い場合もなかなか結婚できない
  • まずは「そもそも結婚したいのか」を明確に
  • 次に、しっかりと婚活の時間を確保
  • いろんな婚活方法を試すのもアリ

結婚できない原因を把握して、1つずつ改善してみてください!